本庄高等学校、近況報告(6月総会以降)

第1回支部長会議において、母校より6月以降の近況報告がありました後輩たちの頑張っている様子がわかりますのでぜひ皆さんも御覧ください。

次頁以降は下記にて参照願います。

 

1.平成30年度近況報告PDF(1-3ページ)
2.平成30年度近況報告PDF(4-6ページ)

 

 

 

 

明日、初戦です。

夏の甲子園を目指して熱い戦いが始まりました。

今日の開会式を終え、明日の初戦試合(三郷北)を想定しての守備練習を行っています。
また、外野ではノック練習を・・・ガンバレ本高!!

1回戦 7月8日(日)14:00~ 対 三郷北高校(球場:上尾市民球場)

皆様、感動を求めそして若いエネルギーをもらいに応援に出かけましょう!

 

 

 

第100回高校野球埼玉大会が始まります。

第100回全国高校野球選手権埼玉大会の組み合わせ抽選会が20日、さいたま市民会館おおみやで行われ、
北埼玉大会、南埼玉大会に分けて開催され南北計158 チームの1・2回戦の対戦カードが決まりました。

 

本高の初戦は、7月8日(日)の第三試合(14:00から)で三郷北高校と対戦します。球場は上尾市民球場です。
これに勝利すると、2回戦は13日(金)の第一試合(9:00から)で松山高校との対戦になり、球場は上尾市民球場です。
3回戦以降は球場等の指定がなく、勝ち進んだ後、分かり次第ご報告します。甲子園出場に向け、熱い応援をおねがいします。

 

 

 

吹奏楽部、定期演奏会のお知らせ!

吹奏楽部の第57回定期演奏会が本庄市民文化会館にて開催されます。

皆様お誘い合わせの上、ぜひぜひご来場ください。

 

 

第一部:「アンドレア・シェニエ」より、「メリー・ウィドウ」よりヴイリアの歌 他
第二部:マーチングステージ、HKB笑ってコラえて!
第三部:ソロとバンドによるステージエル・カミーノ・レアル 他

 

 

■■■書道部・美術部・漫画研究部も共同開催してますよ■■■

6月2日(土) 13:00~17:00
6月3日(日)  9:00~16:00

本庄市民文化会館 展示ギャラリー

 

 

 

平成30年度入学式が挙行されました

葉桜立つ、爽やかな4月9日(月)、平成30年度入学式が母校体育館で挙行されました。
一段と新入生へのお祝いの雰囲気が高まる中、14時入学式の開会が宣言されました。
国家斉唱に続き、新入生が1人1人クラス担任に名前を読み上げられ元気よく起立し、かくして327名の入学が許可されました。

 

 

森校長のあいさつでは、プロ野球の元打撃コーチ高畠導宏さんの「大きな耳・小さな口・優しい目」の言葉を紹介され、

・常に大きな耳を持ってその人のことをあらゆる行動の中から聞いてあげること

・そしてこちらから出しゃばらずに最低限の言葉をかけ負担にならないようにすること

・そして常に見守っている優しい目で接すること

 

を見極め実行し課題を解決するため是非行動してほしいと、また本庄高校では「伝統と躍進及び活力ある進学校」を掲げてあります。グローバルな視点を持った、新しい人材の育成して行きたいと述べられました。

 

新入生を代表して荻野さんより、力強い心の込もった決意がのべられました。

 

 

引き続き、小林PTA会長のあいさつした後、

 

狩野同窓会長からは、本庄高校は歴史と伝統ある100周年を迎える高校であり、文武両道を目指す学校でも有り、スポーツと勉強の両立は難しいという声も聞こえますが、やり方次第、考え方次第で両立はできるとの思いを述べられ、また現在、ご活躍している卒業生の輩出紹介や「本高生のプライドを持つこと、夢を持つこと、モラルを持つことで高校生活に果敢にチャレンジし、3年間切磋琢磨してほしい」と希望に心に響くお祝いメッセージを送りました。

なお、同窓会からは狩野会長以下9名が来賓として列席いたしました。

 

 

 

 

最後に吹奏楽部が奏でる演奏をバックに在校生運動部員等による「校歌」が披露され、かくして心に残るしかも凛とした入学式は滞りなく終了いたしました。

    

 

また4月10日(火)、平成30年度定時制課程入学式が本庄高校視聴覚室で行われ、入学生徒15名の4年間がスタートしました。
式には、狩野同窓会長以下役員7名のほか小林PTA会長、図師後援会長などが来賓として出席し、門出を祝いました。

     

     

 

同窓会では、本庄髙等學校での文武にわたる活躍を期待し、応援していこうと思います。

 

 

 

 

平成29年度卒業式が行われました。

平成30年3月14日(水)、門出にふさわしい初夏を思わせる晴天の日に、本庄髙校体育館において平成29年度、全日制課程第70回、定時制課程第69回卒業証書授与式が執りおこなわれ、素晴らしい卒業式となりました。

 

 

同窓会からは、狩野輝昭会長以下、9名が来賓として参加いたしました。

  

今年も多くの保護者の方や御来賓の方々にお越し頂き、校歌斉唱後、卒業証書の授与が行われました。

  

  

 

引き続き、森 一夫校長先生より
「こころ」はだれにも見えないけれど
「こころづかい」は見える
「思い」は見えないけれど
「思いやり」はだれにでも見える
「思い」をしっかりと形・行動に表していくことのできる人になってほしい」と激励がありました。

  

PTA会長小林康由氏の祝辞に続き、

  

 

 

全日制・定時制を代表して答辞を読んだ卒業生は、本庄髙校で過ごした切々な思い出を語り、感動モンでした。

  

 

 

式の終わりには、「旅だちの日に(川嶋あい)」の曲に送られながら・・・(切なくも明るく旅立つ若人にはぴったりの卒業&応援ソングですね。)全日制課程328名、定時制課程25名の生徒達が本庄髙校を旅立ちました。

 

 

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
3年間学んだ卒業生として、式辞の中でいただいた言葉を深く胸に刻み、これから進んでいく自分の道への意欲を新たに頑張ってほしいと共に本庄髙校の卒業生として自信をもって4月からもそれぞれの道を歩んでいってほしいと思います。

 

引き続づいて、定時制69回卒業生の同窓会入会式を視聴覚室において行われました。
狩野輝昭会長の歓迎のあいさつ、川上芳男事務局長より同窓会組織目的・活動等について説明を行なった後、入会金の納入・記念品贈呈及び委嘱状の授与が行われました。
最後に代表:黒田さんより、仲間入りのあいさつをいただき閉会。

 

 

 

 

また、前日の3 月13 日(火)体育館において、全日制70期卒業生の同窓会入会式が行われました。斉藤勝次副会長以下、5名が参加。斉藤副会長からの歓迎のあいさつ後、記念品贈呈紹介及びクラス理事(16名)の委嘱状の授与が行われ、代表理事:遠藤さんより、新たな仲間入りのあいさつをいただきました。
引き続いて、川上事務局長より同窓会の目的や奨学金等の活動状況及び100周年に向けた取り組みについて説明を行い閉会いたしました。

  

  

 

 

 

 

ケガの高齢者を救助、感謝状をいただきました

定時生2年、志村優希さんが、本庄警察署より感謝状をいただきました。
2月3日新聞配達中、市道に倒れている男性を見つけ、警察官が到着するまで車にはねられないよう保護したり、温かい紅茶を飲ませ介抱したことにより感謝状を贈呈されました。

高校生として模範的な行動であり、また、母校が進める徳育教育の成果のひとつであるものと思っています。
贈呈された感謝状

(2/15付 読売新聞より)