平成29年度卒業式が行われました。

平成30年3月14日(水)、門出にふさわしい初夏を思わせる晴天の日に、本庄髙校体育館において平成29年度、全日制課程第70回、定時制課程第69回卒業証書授与式が執りおこなわれ、素晴らしい卒業式となりました。

 

 

同窓会からは、狩野輝昭会長以下、9名が来賓として参加いたしました。

  

今年も多くの保護者の方や御来賓の方々にお越し頂き、校歌斉唱後、卒業証書の授与が行われました。

  

  

 

引き続き、森 一夫校長先生より
「こころ」はだれにも見えないけれど
「こころづかい」は見える
「思い」は見えないけれど
「思いやり」はだれにでも見える
「思い」をしっかりと形・行動に表していくことのできる人になってほしい」と激励がありました。

  

PTA会長小林康由氏の祝辞に続き、

  

 

 

全日制・定時制を代表して答辞を読んだ卒業生は、本庄髙校で過ごした切々な思い出を語り、感動モンでした。

  

 

 

式の終わりには、「旅だちの日に(川嶋あい)」の曲に送られながら・・・(切なくも明るく旅立つ若人にはぴったりの卒業&応援ソングですね。)全日制課程328名、定時制課程25名の生徒達が本庄髙校を旅立ちました。

 

 

卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
3年間学んだ卒業生として、式辞の中でいただいた言葉を深く胸に刻み、これから進んでいく自分の道への意欲を新たに頑張ってほしいと共に本庄髙校の卒業生として自信をもって4月からもそれぞれの道を歩んでいってほしいと思います。

 

引き続づいて、定時制69回卒業生の同窓会入会式を視聴覚室において行われました。
狩野輝昭会長の歓迎のあいさつ、川上芳男事務局長より同窓会組織目的・活動等について説明を行なった後、入会金の納入・記念品贈呈及び委嘱状の授与が行われました。
最後に代表:黒田さんより、仲間入りのあいさつをいただき閉会。

 

 

 

 

また、前日の3 月13 日(火)体育館において、全日制70期卒業生の同窓会入会式が行われました。斉藤勝次副会長以下、5名が参加。斉藤副会長からの歓迎のあいさつ後、記念品贈呈紹介及びクラス理事(16名)の委嘱状の授与が行われ、代表理事:遠藤さんより、新たな仲間入りのあいさつをいただきました。
引き続いて、川上事務局長より同窓会の目的や奨学金等の活動状況及び100周年に向けた取り組みについて説明を行い閉会いたしました。

  

  

 

 

 

 

ケガの高齢者を救助、感謝状をいただきました

定時生2年、志村優希さんが、本庄警察署より感謝状をいただきました。
2月3日新聞配達中、市道に倒れている男性を見つけ、警察官が到着するまで車にはねられないよう保護したり、温かい紅茶を飲ませ介抱したことにより感謝状を贈呈されました。

高校生として模範的な行動であり、また、母校が進める徳育教育の成果のひとつであるものと思っています。
贈呈された感謝状

(2/15付 読売新聞より)

 

柏樹祭(文化祭)PTAバザー出品物の協力のお願い!

本庄高等學校同窓会では、今年も文化祭PTAバザーのバザー寄贈品の協力参加してます。
昨年は、会員の皆さんからたくさんの寄贈品をいただきました。ありがとうございました!

 

今年も、ぜひ会員皆様の押し入れ等に眠っている引き出物や記念品など、一品でも結構ですので、ご出品の協力いただけますようお願い申し上げます。
なお、ご協力いただける方は、下記の注意事項をお読みいただき物品提供の受付しますので、お願いいたします。

 

(写真は昨年模様)

 

◎バザー対象品目
贈答品(タオル・食器等)衣類(新品のみ)食品(生鮮食品は除く)缶詰、
コーヒー、お茶等、石鹸、洗剤、その他生活用品(古着・ぬいぐるみ・人形)は除きます。
◎ご出品の方法
次のいずれかの方法でご提供下さい。
① 学校まで持参  9月4日(月)まで、管理棟事務室にて15時まで受け付けます。
② 宅 急 便    9月4日(月)までに下記住所まで直接お送りください。

送付先:〒367-0045 埼玉県本庄市柏1-4-1 森 一夫校長あて
※ 発送時に必ず【午前中必着】と指定してくださるように、お願い致します。
尚、送料は大変申し訳ありませんが自己負担でお願い申し上げます。

なお、バザーに関するお問合せ等は、学校事務所TEL0495-21-1195までご連絡をお願い致します。

 

 

◎バザー開催日 ……9月9日(土)午後13時開店(予定)
*柏樹祭、一般公開の土曜日にて武道館(2F)にて開催致します。

 

 

吹奏楽部第56回定期演奏会が開催されました!

 

6月4日(日)13:30より、吹奏楽部第56回定期演奏会が開かれる。
昨年のコンテストでは銀賞受賞し、部員一人ひとりさらなる磨きをかけているとのこと。
今年の演曲は、マーチングステージに加え、各楽器や年次、いろいろな国の音楽にスポットを当てた演出で素晴らしい演奏にて盛り上がりました。

 

 
毎年聞きに出かけていますが、すごく癒される時間と成りました、来年もこの時期開催されると思います、
是非、一度足を運んでいただければと思っております。

 

また同じくして、6月3日(土)~4日(日)、本庄市民文化会館(市民ギャラリー)にて書道部・美術部・漫画研究部の合同展も開催されました。

    

 

 

 

校長着任のご挨拶


2017年 吉 日
第30代校長 森 一夫

本庄高校同窓会の皆様には、日頃より本校教育活動にご理解とご協力をいただきありがとうございます。
今年度、埴岡正人前校長の後任として着任いたしました森一夫と申します。どうぞよろしくお願い申し上げます。
今、世界は大きく変化しております。グローバル化が進み、人工知能( A I )の発達も目覚ましいものがあります。
国内においては、人口減と超高齢化の加速が続いています。
このような状況の中、先行き不透明な時代に光をもたらしてくれるのが、大きな可能性を秘めた今の高校生や子どもたちです。勇気をもって夢に挑戦し、明るい未来を切り開いてほしいと強く願っています。

 

さて、本校は数年後に100周年を迎えることとなります。これからの変化の激しい時代は、従来と同じ発想では通用しません。自ら課題を発見し、周囲と協力して解決策を探求できる人材が求められます。
私は、そのことも踏まえ、本校全日制の「目指す学校像」を次のように変更いたしました。
『活力ある進学校~個性を伸ばし世界にはばたく人材を育成する~』。
グローバルな視点を持ち、次世代のリーダーとなって活躍できる生徒、私が願う本庄高校の生徒像です。

 

また、定時制課程では、今年度は20名の新入生を迎え、1年生から4年生まで100名近くの生徒が、昼間は働き、夜は意欲をもって勉学に励んでいます。
定時制の目指す学校像は引き続き「生徒一人一人を大切にし、知・徳・体の調和のとれた教育を行う」といたしました。
本庄・深谷地域では唯一の夜間定時制高校であり、社会で自立できる確かな力の育成に取り組んでいます。

 

最後になりますが、本庄高校では、全日制、定時制ともに「生徒一人ひとりを大切にする」を合言葉に私たち教職員が一丸となって日々教育活動を進めてまいります。

 

同窓会の皆様には、「伝統と躍進」の本庄高校の更なる発展に向け引き続きご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

 

 

皆様のご来場をお待ちしております!

本庄市民文化会館におきまして、本高吹奏楽部の第56回定期演奏会が開催されます。
みなさまのご来場をお待ちしております。

 

・2017年6月4日(日) 開場:13:00 開演:13:30

・入場無料 全席自由

・本庄市民文化会館

第一部:修道院の庭にて、パガニーニの主題によるラプソディ他
第二部:マーチングステージ、カウントダウン本高TV
第三部:サンバフォーフルート、チロリアンチューバ、カルメン組曲より他

 

■■■書道部・美術部・漫画研究部も共同開催してます■■■

6月3日(土) 13:00~17:00
6月4日(日)  9:00~16:00

本庄市民文化会館 展示ギャラリー

 

 

平成29年度全日制・定時制の入学式が挙行されました。

4月10日、春爛漫の陽気のなか晴れの門出を祝うかのように満開の桜に迎えられ、母校体育館において平成29年度全日制の入学式が挙行されました。

 

 

    

 

期待に胸をふくらませた328名の新入生が緊張した中にも希望に満ちた表情で入場してきました。
国歌斉唱に続き、新入生1人1人がクラス担任の名前の読み上げに応じ起立し、入学許可されました。
引き続き、4月からの着任した森一夫校長の式辞があり、新入生代表生徒の「誓いの言葉」からは力強い決意を表明し、来賓を代表して図師PTA会長(高39回卒)と狩野同窓会長(高18回卒)が祝辞をのべられました。

 

 

 

 

最後に吹奏楽部の演奏により、運動部・文化部の部員による校歌が披露され、多数の保護者や来賓に見守られ緊張感漂う中、本高生としての新しい一歩を踏み出しました。
 

 

今後の文武にわたる活躍を期待し、本庄高校同窓会として応援していこうと思います。
同窓会からは狩野会長、増野武夫(高3回卒)・飯塚俊彦(高31回卒)顧問及び冨田副会長以下8名が来賓として列席いたしました。

 

 

また、定時制の入学式は、翌日の11日(火)に視聴覚室において行われ、50歳を越える新入生や外国人新入生等、20名の入学が許可され、新たな高校生活のスタートを切りました。
 

 

 

 

平成28年度卒業式が行われました!

3月15日(水)、たくさんのご来賓の方々、保護者の皆様に見守もれながら、331名(全日制314、定時制17名)の
卒業生たちは恩師や友人との別れを惜しみ、思い出が詰まった母校を立派に巣立っていきました。
同窓会役員も11名(狩野会長以下7名、顧問:小林哲也(高30回卒)飯塚隆司(高5回卒):2名)が来賓として列席してまいりました。
当日の卒業式は卒業証書授与・在校生からの送辞・卒業生答辞、そして斉唱とたいへん感動的な卒業式となりました。
卒業生のみなさん、高校卒業とは、人生の分岐点でもあります。
ある人は大学、ある人は就職、ある人は専門学校と、進路先がバラバラですが、これから先、どんな人生にするかは自分次第です。
夢や目標に向かってしっかりと歩みを進めてください。

 

定時制卒業生の入会式が行われました!!

平成29年3月15 日(水)、定時制68回卒業生の同窓会入会式が視聴覚室において行われました。

狩野輝昭同窓会会長の歓迎のあいさつから始まり、川上芳男事務局長より同窓会組織目的・活動等について説明を行なった後、
入会金の納入・記念品贈呈及び委嘱状の授与が行われました。


最後に代表:糸井さんより、仲間入りのあいさつをいただき閉会いたしました。